スライダック・IVR

スライダック・IVR

スライダック・IVR(誘導電圧調整器)は、連続的に電圧を変化させることができ、高精度の電圧を供給することができる装置です。
主に試験用の設備として使用されます。電圧調整以外にも、ヒーター等の温度調整、照明等の照度調整といった用途でも使用されます。
スライダック・IVRのレンタル・販売に関する、お見積り・お問い合わせは、淀川変圧器までお問い合わせ下さい。

特徴

1.希望の電圧に調整可能

スライダック_IVR_電圧調整

変圧器よりも細かく電圧調整ができます。
変圧器は電圧タップによる固有の電圧出力になりますが、
電圧調整器は連続可変であるため、希望の電圧を出力することができます。

2.変圧器との組み合わせで様々な電圧に対応可能

スライダック_IVR_変圧器と組み合わせ

スライダック・IVRと、在庫の変圧器を組み合わせることにより、様々な電圧に対応することができます。
低圧(440V、220V)から、高圧(6600V、3300V)、その他特殊電圧までご用意できます。
お客様の要望に沿って、製品または製品の組み合わせをご提案いたします。

3.IVR 誘導電圧調整器

IVR

1次側と2次側の巻線の磁気的な結合を変えて、磁束量を変化させ、
負荷電流を通じたまま、2次電圧を連続的に調整できる変圧器です。
 
損失が少ないため、効率が良く波形にひずみがありません。また静止器のため騒音がありません。
試験設備として、大容量まで対応が可能です。

他の製品を見る

淀川変圧器の製品情報です。スライダック・IVRについて紹介いたします。