分岐盤/電源切換盤

分岐盤/電源切替盤

分岐盤は、高圧回路を停電することなく増設するときに使用します。
トンネル工事のような、工事が進むにつれて電気設備が増えていくケースにおいては有効です。
電源切替盤は、電源切替器を内蔵した盤です。
商用電源回路と非常用電源回路を電源切換器に接続をしておくと、非常時にはスムーズに電源を切り換えることができます。
また電源を検知して、自動的に回路の切り替えを行うシーケンス制御回路を構築することも可能です。
分岐盤/電源切替盤のレンタル・販売に関する、お見積り・お問い合わせは、淀川変圧器までご連絡下さい。

特徴

分岐盤

高圧分岐盤(2分岐)

分岐盤は、高圧回路を停電することなく増設するときに使用します。
高圧負荷開閉器LBS仕様では、1分岐、2分岐、3分岐のラインナップがあります。
気中開閉器PAS仕様では、1分岐、2分岐を標準的に在庫しています。

電源切替盤

高圧でも低圧でも対応可能。

高圧仕様の電源切替器、低圧仕様の電源切替器、どちらも在庫していますので、
高圧回路・低圧回路のどちらも、また大容量の電源切替回路にも対応が可能です。
電源切替器だけではなく、ケースから内蔵する部品まで自由に設計でき、お客様のご要望に沿った提案ができます。

シーケンス制御回路設計が可能。

複雑な電源切替のシーケンス制御回路も、お客様のご要望に合わせて設計しますので、既設設備と同じように運用できます。
商用電源と発電機電源の切替回路、商用2回線受電の切替回路、様々な切替回路の設計ができます。
電源切替盤を非常用発電設備と合わせて、トータルコーディネートができることも淀川変圧器の強みです。
電源切替盤ひとつからでもオーダーメイドにて、設計、製作、販売、レンタルができます。

他の製品を見る

淀川変圧器の製品情報です。分岐盤/電源切替盤について紹介いたします。